歯周病

こんな症状ありませんか?

歯茎が腫れている

歯茎が赤くなっている

歯肉から膿が出る

口臭が気になる

歯茎が下がった

歯がグラグラする

ひとつでも当てはまれば歯周病の可能性があります。
早めに歯科を受診しましょう。

歯周病とは?

歯周病はある日突然、重度の症状が出るのではなく、徐々に進行する病気です。
歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の間の清掃が十分でないと、そこに多くの細菌が停滞し歯肉のふちの部分 が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶け、歯が動くようになり最終的には歯を抜かなければならなくなる可能性があります。

歯周病の原因

お口の中には約300~500種類の細菌が住んでます。
これらは普段あまり影響はありませんが、砂糖を過剰に摂取したり、ブラッシングが充分でなかったりすると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいやブラッシングをした程度ではなかなか落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中に約10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病を引き起こします。その中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病の進行と症状

歯周病は歯周組織で起こる病気の総称です。
炎症を起こす場所によって「歯肉炎」と「歯周炎」に分類し、さらに歯周炎の進行の度合いによって 「軽度」「中度」「重度」の3つの段階に分けられます。

1.歯肉炎

歯肉炎は歯周病の初期段階の症状です。
歯茎の出血や腫れ等、炎症が歯肉に限定されることから、歯磨きをしっかり行うことで健康な状態に戻ります。

2.軽度歯周炎

歯肉炎に比べて歯肉の炎症が歯周組織まで広がり、腫れの範囲が大きくなるのが軽度の歯周炎です。
歯周ポケットが深くなり、歯を支える歯槽骨の破壊がはじまり、歯垢や歯石がさらに歯周ポケットにたまりやすくなります。

3.中度歯周炎

歯茎の炎症が軽度歯周病よりさらに広がり、歯周ポケットが深くなるのが中度の歯周炎です。歯根の長さの3分の1から2分の1程度の歯槽骨の破壊によって、 歯がぐらつき始めます。

4.重度歯周炎

歯茎の炎症の拡大によって、歯根の露出が広がるのが重度の歯周炎です。
(歯が長く見えます)
歯槽骨が歯根の2分の1以上破壊されることで、歯を支えることが難しくなります。

歯周病の予防方法

1.丁寧な歯磨き

最も効果的な予防法は毎日の歯磨きですが、自分では磨けているつもりでもきちんと磨けてない場合もあることから、歯科医院で歯磨き指導を受けることをおすすめします。

2.定期的な歯石除去、歯のクリーニング

毎日の歯磨きは重要ですが、ご自身での歯磨きは完全とは言えません。
また、歯垢は時間が経つにつれ歯磨きでは落とすことができない歯石に変化してしまう為、歯科医院での歯石除去やクリーニングが必要になります。

3.生活習慣の改善

喫煙、疲労やストレス、間食が多い、よく噛まずに食べる、夜ふかしをしてしまうということが続かないように気をつけましょう。さらに、歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、大野城市にあるいしげ歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_092-589-7378.png
staff staff blog