一般歯科(虫歯治療)

こんな症状ありませんか?

歯が痛い(食事のときや安静時など)

温かいものや冷たいものが歯にしみる

歯の表面が黒ずんでいる

など

ひとつでも当てはまれば虫歯の可能性があります。

早めに歯科を受診しましょう。

当院の虫歯治療の特徴

痛みの少ない治療

痛みを伴う治療の場合は麻酔を使用し、麻酔注射の痛みを軽減するために表面麻酔を塗布するなどして、痛みをほとんど感じない治療が可能です。
また医師の技術によるものも大きく、当院に来られる患者様からは、「他院に比べて痛みが少ない」といったお声も多くいただいております。

ドックスベストセメントの使用も可能

「ドックスベストセメント」は、虫歯をすべて削り取ることなくミネラルで殺菌して虫歯菌を死滅させる画期的な治療法です。
歯を大きく削ったり、神経を取るといった治療をしなくていいので、将来的な歯へのダメージを抑えることができます。
虫歯をすべて削り取る必要がないため、治療時に歯にかかる負担を極力抑えることが出来ます。そのため神経を保存できる可能性が格段に上がるので、かなり歯に優しい治療法だといえます。

 

※ドックスベストセメントは自費診療となります。

EPECO ドッグベストセメント 小峰一雄先生症例参照

虫歯の進行段階と治療方法

「C0」虫歯になりかけの状態

歯の表面の溝が黒くなりかけた状態で、痛みはあまり感じません。
厳密にいうとまだ虫歯とはいえませんが、進行する恐れがあります。

<治療法>


フッ素を塗布することで、歯の再石灰化を促し、虫歯前の状態を改善させる治療を行います。
※フッ素塗布による予防は自費診療となります。

「C1」虫歯がエナメル質まで進んだ状態

虫歯菌によって歯に小さく穴が空き、黒や茶色に変色した状態です。
表面のエナメル質の部分なので痛みはまだありませんが、冷たいものがしみることがあります。

<治療法>


虫歯の部分を削り、詰め物(コンポジットレジンやインレー)を詰めて治療を行います。
歯をほとんど削らずにドックスベストセメントを用いて治療を行うことも可能です。

「C2」虫歯が象牙質まで進んだ状態

表面のエナメル質を通り越して、内部の象牙質まで虫歯が進行した状態です。
冷たいものや熱いものがしみたり、痛みを感じることがあります。

<治療法>


虫歯の部分を削り、詰め物(コンポジットレジンやインレー)を詰めて治療を行います。
歯をほとんど削らずにドックスベストセメントを用いて治療を行うことも可能です。

「C3」虫歯が歯髄まで進んだ状態

エナメル質や象牙質を超えて、さらに内部の歯髄まで虫歯が進行している状態です。
常時痛みを感じ、激痛になることもあります。

<治療法>


虫歯の部分を削り、歯髄の中を清掃して薬剤を詰めて消毒し根管内を緊密に封鎖します。
その後、土台を立てて、詰め物(インレーやクラウン)を詰めて治療を行います。

「C4」虫歯が歯の根まで進んだ状態

歯の上部が溶けて、歯髄も死んだ状態になり、歯の根まで虫歯が進行して化膿した上で膿が出るようになります。
進行し過ぎたため、逆に痛みを感じない状態です。

<治療法>


治療が困難な状態で、抜歯を行います。
抜歯後は入れ歯やブリッジを使用して、失った歯を補います。

虫歯にならないためには

お口の中を清潔に保つ

虫歯は細菌の感染によって起こるので、日頃からお口の中を清潔に保つことが大切です。
予防歯科を利用して、正しいブラッシング法を身に付け、プロの手によりクリーニングを受けることも大切です。
当院では、歯の再石灰化を促すことで虫歯を予防するフッ素洗口液「オラブリス」を取り扱っています。週1回の使用でも予防効果が高まります。

糖質の摂取に気を付ける

虫歯菌のエサとなる糖質の摂取には気を配ったほうがよいでしょう。
ジュースやお菓子の食べ過ぎはもちろん、常に口の中に糖分を入れている状態もよくありません。
当院では食生活のアドバイスも行っています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、大野城市にあるいしげ歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_092-589-7378.png
staff staff blog