審美歯科

審美歯科治療とは?

審美歯科とは、口元の美しさを追求する診療科目です。

具体的には、歯並びを整えたり、歯や歯茎の色素沈着を改善させるなどが挙げられます。ここでは、虫歯の治療痕や歯の欠損に使用する詰め物(インレー)と被せ物(クラウン)について取り上げます。

「口を開けたときに銀歯が目立つ」というお悩みの患者様は多いものです。当院では、そのような患者様のご要望にお応えし、白く美しい素材を使用した補てつ治療を行っております。

保険診療と自費診療のメリット・デメリット

補てつ物(詰め物・被せ物)には、保険診療のものと自費診療のものがあります。

当院では両方のメリット・デメリットをわかりやすくご案内し、患者様のご要望やご予算に応じて最適なものをおすすめしています。

保険診療のメリット・デメリット

<メリット>

  • 安価でできる
  • 治療工程が少ないため、治療期間が短くなる

<デメリット>

  • 金属なので目立つ
  • 金属なのでアレルギーのリスクがある
  • 定められた素材、工程でつくられるので、融通がきかない
  • 金属なので、お口の中での長期的な安定は期待できません。

自由診療のメリット・デメリット

<メリット>

  • ニーズにあわせて複数の素材を選ぶことができる
  • 白い素材を使っているので目立ちにくい
  • 変色しにくい
  • 汚れがたまりにくい
  • 金属に比べ、長期的な安定が期待できるため、身体に優しく、再治療のリスクも抑えることが出来ます。

<デメリット>

  • 保険診療よりも高額になる
  • 保険診療より精密に作成するため治療期間が長くなる

当院の自費診療のこだわり

当院では、患者様のご要望に合わせて、口元の美しさを高める素材を多数取り扱っております。

また補綴物の製作にあたっても、患者様それぞれに型を取るための個人トレーを作成したり、歯ぐきとの関係やかみ合わせを仮歯の状態で調整を行うなど、複数の細かい工程を経て丁寧に行っています。

これによって、患者様それぞれに合った補綴物が出来上がります。

当院の取扱い素材

e-max(イーマックス) セラミック(陶器)でできた素材の中でも一番透明度が高く、天然歯の色彩に近いのが魅力です。歯茎との境が黒ずむこともありません。
また天然歯に近い強度のために、対向歯を傷めることなく、金属アレルギーの心配がないのも安心です。
100,000円~
ジルコニア 人工のダイヤモンドとして知られ、天然歯に近い透明感のある白さと、奥歯にも使用できる強度の高さが魅力です。
金属アレルギーの心配もありません。
120,000円~
Z冠 被せ物(クラウン)に使用する、奥歯用のオールセラミック(陶器)素材です。
透明感は落ちますが、天然歯に近い白さの審美性が魅力です。
金属アレルギーの心配もありません。
50,000円~
ハッピーボンド(メタルボンド) 金属のフレームにセラミック(陶器)を焼きつけた素材です。透明感は落ちますが、天然歯に近い白さがあり、耐久性にも優れています。
50,000円~
ファイバーコア グラスファイバーの芯と強化プラスチックでつくられた歯の土台です。ファイバーコアを使用することで、歯に強度を与え、歯を割れにくくします。
5,000円~10,000円
ゴールド 白い色ではありませんが、強度や耐久性に富み、汚れがつきにくい素材です。また素材が溶け出すことがないので、歯や歯茎への着色の心配がありません。
※料金はお尋ねください。

※上記は税抜の料金となります。

当院の審美歯科治療の流れ

STEP① カウンセリング

患者様のご要望をお伺いし、最適な素材(保険・自費含めて)ご提案いたします。

STEP② 型取りのためのトレーを作成

補綴物をつくるために行う型取りの前に、より精密な型取りを行うため、患者様それぞれに合った個人トレーを作成します。

※保険診療の場合は、個人トレーの作成はありません。

STEP③ 型取り

個人トレーを使用しながら、患者様のお口の中を型取りします。

STEP④ 仮歯作成・調整

仮歯を装着していただき、咬み合わせや歯ぐきとの関係がきちんとできているかなどを細かくチェックして調整していきます。

※保険診療の場合は、自費診療よりも調整回数が限られています。

STEP⑤ 完成したものを最終確認

仮歯を元につくられたものを装着し、咬み合わせや色味などを最終確認します。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、大野城市にあるいしげ歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_092-589-7378.png
staff staff blog